運転免許を取得するには教習所に通うか、合宿免許かのどちらかになります。合宿免許の基礎知識を紹介します。

合宿免許

合宿免許とは、ある期間宿泊施設に滞在しながら、車やバイクの免許を取得することをいいます。宿泊しながら集中して免許を取ることが出来るシステムです。社会人になると合宿免許で免許取得をするのは難しくなってしまいますが、比較的時間のある高校生や大学生であれば、夏休みや冬休みを使って免許を一気に習得出来るので、短期で免許を習得出来ます。

合宿免許と一言でいっても、それぞれの教習所で宿泊場所や食事など特色を持っているところが多いのが特徴です。また全国各地の教習所に旅行気分で好きなところを選んで合宿することが出来るのも大きな特徴ですね。

合宿免許では、免許をただ取得するという目的だけでなく、自由時間の観光や、一緒に合宿する人との出会い、一人暮らしの予行練習など、様々な経験を積むことが出来る免許取得のシステムと言えるでしょう。

合宿免許で免許取得するにはどんなメリットがあるのか?どんなものを持っていけばいいのか?皆さんにご紹介しましょう。

合宿免許のメリット

合宿免許のメリットは、通常の免許取得に比べて沢山あるんです。

短期間で免許取得が出来る

短期間で免許取得をするために一気に集中して教習所に通うことが出来るので、最短で13日で免許取得が出来る!と謳っているところもあります。また地方の教習所では、車の交通量が少なく、都内よりも免許が取りやすい!という意見もあります。

出会いが沢山あり友達が出来る

通いの教習所では、毎日同じ時間に教習を受けて顔見知りにはなれても、そこから友達になるということは少ないものです。

でも合宿免許の場合は、毎日同じカリキュラムで教習を受けるので出会いが多いのが特徴です。

教習所によっては、宿泊場所がホテルではなく、相部屋で合宿する所もあるので、必然的に友達が出来るチャンスが増えると言えるでしょう。

通常よりも安く免許取得が出来る

少子化の影響があり、地方の教習所は少し教習料を安くしてでも沢山の人に免許を自分の教習所で取ってもらいたい!と思っています。

そのため、通常の教習料よりも合宿免許の教習料の方が安く設定されているケースもあり、宿泊施設や食事込みでも安い教習料を提供しているところもあります。

また教習所側では、免許を取る人が極端に減ってしまうシーズンを、合宿免許で埋めることが出来るので、それだけでもメリットがあるといえるでしょう。

食事や住宅が提供してもらえる

合宿免許を自分で宿をおさえて教習を受けようと思うと、かなりの金額が教習料にプラスされてしまいます。

でも、宿泊費、食費まで含んだプランも多くあるので、自分でプランを考えずに気軽に地方で合宿免許で免許取得が出来てしまいます。

忘れ物をしないように合宿免許の持ちもtのリスト

合宿免許では、2週間以上自宅を離れることにあるので忘れ物があっては大変です。合宿免許に持って行くべきものをご紹介しましょう。

筆記用具

教習所では、マークシートの試験もあるので、鉛筆やシャープペンシル、消しゴムを忘れずに持っていくようにしましょう。

 

教材を入れるバッグを用意しよう

教習所に通いだすと、教材や資料を配布されるのでそれを入れて歩くA4サイズ位のバッグを用意するといいでしょう。 手ぶらで普段歩いている人はバッグの用意がないと資料の持ち運びに困ってしまいますから忘れず準備しましょう。

健康保険証

2週間以上の期間を合宿するので、体調を崩したり、歯が痛くなってしまった・・・なんてこともあるかもしれません。忘れずに健康保険証のコピーを持っていくようにしましょう。  また体調の異変に備えて、常備薬があれば用意しておくようにしましょう。

運動靴

運転は、ハイヒールや、下駄、サンダルですることは禁止されています。  ですから教習を受けるときにも同じように、上記履物を履いて運転することはNGです。 自由時間はもちろん、ハイヒールやサンダルでも構いませんが、車を運転する時用に運動靴は必ず用意しておくようにしましょう。

折りたたみ傘

2週間以上雨が降らない、ということはとてもラッキーでしょう。  お天気が急変することもありますから、最低でも折りたたみ傘は用意しておくようにしましょう。 バイクの免許の場合には、上下に別れたレインコートも用意しておきましょう。

まとまった日程を休める人に魅力的な合宿免許

いかがでしょうか。

合宿免許での免許取得は、まとまった日程を休める人には、とても楽しい教習所通いになりそうだと思いますよね。社会人などまとまった日程を休むことが出来なかったり、人と話したり、共同生活を送ることが苦手な人には、向いていない免許取得方法になってしまいます。

でも、それ以外の人は、きっと非日常を楽しみながら、合宿免許で免許取得が出来ることでしょう。 高校3年生の夏休みや、大学入学が決まった後の時間は、合宿免許で時間を有効に使いたいですよね。

また、大学生になっても1、2年生の就職活動もまだ始めていない、比較的授業にもゆとりがある期間は、絶好の合宿免許に行くチャンスだと言えるでしょう。

休みが比較的長い学生さんには、合宿免許を特におすすめしたい!と思います。

免許をとってすぐには運転する機会はないかもしれませんが、社会人になって免許が必要になってもなかなか取ることは難しくなってしまいます。

時間のあるうちに、自分にしっかり投資しておきたいですね。

 

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS